iPhone6で一番惹かれた機能

iPhone6iPhoneよりもサイズが大きくなっているため、片手で持っていると画面上部の両端にあることが多い設定や戻るアイコンが押しにくいです。

でも、Appleはその点をちゃんと考慮して付けてくれた機能のお蔭で片手でも快適な操作が実現できています。
その機能とはもちろん、


iPhone6のホームボタンを2回タッチすると、画面全体がせり下がってくる機能


この機能を知った時、iPhone6を設計する段階で、画面が大きくなったことで不便になる点をちゃんとカバーしてあるということに驚きました。


実はiPhone6を取に行った日のお昼にビックカメラiPhone6iPhone6 Plusの実機をいじりました。
その時点で既にこの機能のことを知っていたのですが、サイズの大きいiPhone6 Plusのみの機能だと思っていたので、iPhone6でも使えて嬉しかったです♪


iPhone6は画面半分位までしかせり下がって来ませんが、iPhone6 Plusだと半分以上せり下がってきて、なんとiPhone6 Plusでも片手の状態で画面上部の両端のアイコンの親指が届く状態になることにも驚きました。


ただ、その機能があったとしてもやっぱりiPhone6 Plusはサイズが大きいと感じました。
「フォン」+「タブレット」=「ファブレット」
と呼ばれている理由が分かります(^^;


で、キャリアショップや量販店でiPhone6iPhone6 Plus実機のタッチ&トライをやっているお店は、この機能だけは横にTipsみたくペラいちの紙を置いておいた方がいいんじゃないかなと。
もしくは、店頭スタッフが実機のこの機能を含めた新機能を紹介してるVTRを流すとか。
この機能を知っているのと知らないのとでは、購買意欲が大きく変わるので、売上にも大きく影響を及ぼすんじゃないでしょうか☆

広告を非表示にする