読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドコモのXperiaを手に入れてしまいました。

気になってはいましたが手に入れるのはもう少し後かなと考えていたXperia、訳あって急遽手に入れました。
手に入れようと決めたのは22日で、23日がちょうど祝日だったので池袋ビックカメラで購入。
というわけで(^^;、早速いつもの開封レビューです。
ビックカメラは週末や祝祭日になると結構な確率でなんらかのキャンペーンをやってたりするのですが、その日もやっていたので、どういうキャンペーンだったのかについても書いてみます。

購入

池袋ビックのXperiaは「新規一括19800円、MNP新規9800円」(ゆうゆうコール、パケットホーダイダブル必須)が最近のデフォルトです。
Xperiaは白ロムの価格が3万円前半〜後半と結構お高いので、それに比べるとお得です(まぁ、その分月額費用が掛かりますけど(^^;)
で、契約しようと近くに居たDocomoのジャケットを来た店員に声を掛けたところ、通常料金(3万円強)の方を説明されて焦りましたが、貼ってあったキャンペーンの紙を指さしたところ、19800円という事に気づいてくれました..(苦笑

偶然その日のみのキャンペーンが!!

店頭に張り紙が貼られたのは契約完了後少ししてからだったのですが、池袋ビックでちょうどその日だけのキャンペーンが行われていて、「フォトパネルと同時契約でXperiaが、新規一発9800円、MNP新規0円」になるということでした。
フォトパネルについては後で別にレビューを書きたいと思っていますが、携帯電話やPCからフォトパネル宛に写真を送ると、その写真がフォトパネルでスライドショーさせて見れるというアイテムです。
フォトパネル自体も携帯電話と同様に契約が必要で、契約事務手数料や月額(フォトパネル専用プラン:600円/月〜)は掛かるのですが、その日はXperiaと同時購入すれば端末代は0円で、事務手数料分を考えてもお得と感じ、後実家に住む親に渡して、しんのすけやひだまりの写真などを送ってあげるのもいいかなと思ったので同時契約してみました。


というわけで、以下が内訳です。

商品 代金
Xperia 41,850円
端末購入サポート -21,000円
ゆうゆうコール割引 -525円
パケホーダイダブル割引 -525円
フォトパネル同時契約割引 -10,000円
フォトパネル02セット 5,040円
フォトパネルセット割 -5,040円
9,800円

。。綺麗に9,800円になるものですねぇ(驚
実際は同時にケースと画面保護シートも買ったのでその分支払代金は増えていますけどね。


Xperiaの方は1時間程度で開通したのですが、フォトパネルの開通も合わせると1時間半位掛かりました。

開封レビュー

フォトパネルの箱が大きいのでこんなサイズにw
雨降っていたのですが、気を利かせてビニル袋に入れてくれました。


フォトパネルの箱の大きさが目立ちます(^^;



Xperiaの方はそれなりに小さくていい感じの形をしたおしゃれな箱です。
これで、iPhoneみたく硬質な素材だったら小物入れ等として利用できたかもしれません。


裏側に「QuickTime」のマーク。他のスマフォの箱でこのマークが付いてるものは見たこと無いかも。


ドコモサービス関連の説明書に加えて、SPモードに関する説明書も。


箱を開けると直ぐ様しんのすけが!じゃなくて、Xperiaの登場w


さらに開けていくと、


と、Xperiaの説明書や注意書きの紙。
iPhoneiPadなどApple製品には説明書が入っていないものが多いですが、初めて触る端末の場合、説明書が付いていた方が初心者にとっては安心できますね(「説明書無くても使えるでしょ?」という事なのかもしれませんが(^^;)


ACアダプタ+microUSBケーブル、マイク月ヘッドセットが入っていました。
あと、16GBのmicroSDHCXperia本体に。16GBって凄い。。(驚


これがXperia本体です。
色は「Luster White」にしました。
黒と白で裏蓋の質感も違うので悩みましたが、黒の方はマットな質感のため熱を持ちそうに思えたのと、iPhone3GSは白を使っているのですが、前面は「白」という感じがしないので、前面の縁も白いこちらにしました。


前面上部。
受話口、近接センサー、通知LED、あと主張せず自然な感じに「Sony Ericsson」ロゴがあります。


前面下部。
メニューキー、ホームキー、バックキーが付いています。


右側面。
音量キー、カメラキーが付いています。


左側面。
スピーカー、マイクが付いています。


上部。
電源/キーロックキー、3.5mmヘッドホン接続端子、microUSB接続端子が付いています。


下部。
アンテナがここにあると書かれてありました。


Luster Whiteの裏側はこんな感じです。


上側には8.1メガピクセルのカメラとフラッシュライトが付いています。
810万画素って凄いですね。。


下の方には「Sony Ericsson」のロゴとエンブレム。
以前、Treo750Vを手に入れた時に、Vodafoneの赤いエンブレムに格好良さを感じましたが、このエンブレムも格好いいですね♪

保護シートとケースを着けてみる

スマートフォンを使う際にこの二つは最低限必須アイテムですからね。
とりあえず、ビックで売ってたものを買って着けてみました。


保護シートはアンチグレアタイプのさらさらした質感のものを買ってみましたが、ぽけげさんで売ってる同タイプのものよりも生目は荒い感じです。
好き好きですが、私はぽけげさんの方が好きかもです。


ケースを着けるとこんな感じ。
XperiaiPhone同様にいろんなケースが出ているので、ケースを見つける楽しみも味わえますね♪


ケースを着けた状態でも各部のアクセスには問題ありません。





電源オン!

バッテリーが残っていたので電源を入れてみました。
この弧を描くようなロック解除方法は、Xperia発売時に見て、斬新だな〜と感じてました。
右手で持って親指を画面の上で自然に動かすと、こういう感じの弧を描きますからね。

実は以前にHT-03Aの白ロムを手に入れて少し使っていたことがあるので、初めてのAndroidというわけではないのですが、XperiaSony Ericssonが出しているということもあって、デフォルトでもいろいろなアプリが入っていたりするので、その辺りも含めて楽しんでみたいと思います。

広告を非表示にする