読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HT-03Aの画面のスクリーンショットを撮る方法

Android HT-03A

iPhone、WindowsMobileには標準でスクリーンショットを撮るための操作が用意されており、Palmでもアプリケーションを入れることで撮ることが可能ですが、Androidには用意されていないようです。
そこで、HT-03Aスクリーンショットを撮る方法について調べてみたところ、以下の2つの方法があるようです。
HT-03A単体で撮る方法
  root権限(Macではそのままですが、Windowsでいうと管理者権限)を奪取する必要があり、セキュリティが甘くなるというデメリットがあり、またAndroidOS 1.6の場合、それを行うための手順も複雑化しているようで危険なので、ここでは紹介を控えます。
・PCにAndroid SDKを入れて撮る
  こちらは比較的簡単で、しかもAndroid SDKはマルチプラットホームなので、WindowsMacLinux好きなOSで使うことができるというメリットもあるため、こちらの方法を試してみました。

基本的な手順

Android SDKを使うにはJDK(Java開発キット)が必要で、MacLinuxの場合は、最初から入っているので問題ありませんが、Windowsの場合は先にJDKを入れる必要があります。

    1. こちら」から「JDK 6 Update 20」をダウンロード、インストールする。
    2. 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」→「環境変数」を開く(Windows 7/Vistaの場合)。
    3. 「新規」で「変数名」に「Path」、「変数値」に「Javaをインストールしたフォルダのbin(Program Files\Javaの中にある)」を指定して設定。
    4. Windowsキー+「R」→cmdを入力して実行→コマンドプロンプトで「java -version」と入力してJavaのバージョンが表示されたら、設定完了できています。


以下はどのOSの場合も同じ。

    1. HT-03Aの「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」にチェック
    2. HT-03AをUSBケーブルでPCへ接続
    3. 使いたいOS用のAndroid SDKを「こちら」からダウンロード、解凍する
    4. 出てきたフォルダーの中の「tools」の中のddmsを実行
    5. DDMSウィンドウの「Name」欄に出てきた名前(HT〜)をダブルクリック
    6. メニューの「Device」→「Screen capture」を選択
    7. 現在のHT-03Aの画面が表示されるので、「Save」でpngに保存

私はすんなり認識したのですが、もしDDMSがHT-03Aを認識しなかった場合は、こちらのエントリーでまとめてくださっている方法を試してみてください。
なんとかく@らいぶどあ:HT-03A スクリーンショット


DDMS起動後にスクリーンショット用ウィンドウを出すとこんな感じです。

これはMacの画面ですが、この後WindowsPCでも試して上手くいきました。


というわけで、早速記念に現在のHT-03Aのホーム画面を。
中央。状態確認したり、すぐ使うもの。


右側。動物王国(ぉ


左側。結構よく使うもの。


ここに見えているアプリについても今後紹介していく予定です☆

広告を非表示にする