読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

J-OSの便利な機能

Palm m500 アプリ

英語版Palm m500の日本語化のためにJ-OSを入れているのですが、このJ-OSには便利な日本語変換機能が備わっています。
J-OSの設定で「遅延変換」にチェックを入れると、変換したい単語ごとにスペースを入れて直接入力したローマ字を選択して変換ウィンドウを表示すると、このように各単語ごとに変換できる状態になるので、それぞれも単語をタップして変換候補から希望の漢字を選択することで、まとめて日本語に変換できるようになります。
一つ一つ変換していくよりも確実に速く変換できるので便利です♪


例:ローマ字で「ashita ha ashita no kaze ga huku」


スタイラスで文章を選択します。


スクリーンエリアの「abc」をタップして変換ウィンドウを表示すると、このような状態に。


ひらがな部分や違う漢字の部分のみタップして変換候補を表示して希望の文字を選択していきます。
完了したら、変換ウィンドウの「OK」を押して確定。


完成。


一度に変換できるのは60文字までという制限はありますが、ちょっとした文章を入力する時には便利です☆

入力ミスに気づいた場合

「ashita ha ashuta no kaze ga huku」と入力してしまいました。



でも、変換している最中は下の変換ウィンドウにその文字が表示されているので、この部分で書き換えることが可能です。


uを消してiを入力し直しました。


変換候補も「明日」に治りました。

Giraffeに慣れている人にとってはもしかしたら、普通にフルキーボードで入力するよりも速く文章を変換できるかもしれません☆

広告を非表示にする