読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AppleからiPadが発表されましたね

iPad

小型化が流行っている今日の中でこれだけ大きなデバイスを出してくるとは意外でしたが、印象としては、小さい文字を読むことや細かな操作を行うことが難しいお年寄りの方や子供など、今までモバイルデバイスユーザーとして含めることができなかった層もターゲットにできるのではと感じました。
お年寄りの方が気軽にネットを楽しんだり、教育系アプリを入れて子供と一緒に遊んだり、あと、個人的にパッと思い浮かんだ用途は、大画面ムービープレーヤーや超体感ゲーム機としてw
あとは。。。

手書きメモデバイスとして

熱感知方式なため、iPhoneが手書きメモデバイスとして利用するのは無理と、何度も試して感じたため、接点感知方式のWindowsMobileデバイスであるT-01Aを手に入れました。
T-01Aは持ち歩き用の手書きメモデバイスとしては薄くてコンパクトでいい感じですが、それと同時に会社や家で思考作業時に使えるようなB5サイズくらいの大きな手書きメモデバイス欲も生まれました。
なので、iPhoneより大きいiPadで、もう一度手書きメモデバイスとして使えるかどうか確認してみたいところです。

お絵かきデバイスとして

iPhoneにはお絵かきアプリも数多く存在しているのでiPhoneでのお絵かきに興味はあるのですが、なかなか難しいです。。
でも、iPadなら、タブレットに描くような感覚で、より楽に絵を描けそうな気がします。

ビューワーとして

是非、iPadのあの大画面で「産経新聞」を読んでみたいです☆
それから、電子書籍ダウンロードサービスのiBookを利用したビューワーの使いかっても気になるところです。
日本での販売もWifi版が3月下旬頃ということなので、iBookで日本の電子書籍もダウンロードできるようになっていたら嬉しいですね。
iBookというサービスを同時に出してきたあたり、Kindleを意識しているのでしょうか。


正直、気軽に持ち歩くというサイズではないので、個人的にはWifiが使えれば3Gは特に必要ないかなと思ったり。
iPhoneとの親和性が高ければ、家、会社ではiPad、外出時にiPhoneという使い分けができそうですし。
ただ、680gという軽さは、十分持ち歩ける重さですね☆

自分にとって必要かどうか

用途をいろいろと考えることはできるのですが、果たしてiPadが自分にとって本当に必要なデバイスかどうかと聞かれると少し悩んでしまいますが(^^;、今まで経験したことの無い魅力的なデバイスであることは確かですね。
でも、こちらのentrypostmanさんの記事を読むととても欲しくなってきます☆
この私が、iPadを買いたい理由 | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

広告を非表示にする