読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UQ WiMAXが届いたので試してみました

UQ WiMAX レビュー

ネットを解約した後に”UQ WiMAXの無償貸与サービス”に申し込みまして、端末が届きましたのでさっそく試してみました。

お申し込み条件

申し込むにはクレジットカードの登録が必要なのですが、

【以下のすべての条件に該当する方】
●日本国内に在住の20歳以上の方(法人のお客様もお申し込みいただけます。)
●お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方
●過去90日間以内に本サービスのご利用履歴がない方、また貸出機器の未返却履歴のない方
●その他、本サービス利用規約に同意いただける方

ご注意事項

デビットカードはご利用いただけません。
※出荷時に返却期限をメールでご案内いたします。
※返却期限を過ぎても貸出機器をご返却いただけない場合、または貸出機器を破損・紛失された場合は、機器購入代金相当額をご登録のクレジットカードにてお支払いいただきます。

という理由からクレジットカードの登録が必要なのですね。


ちなみにサービスエリアは、こちらから確認できます。
サービスエリア|UQ WiMAX,UQ mobile|超高速モバイルインターネットのWiMAX2+,格安スマホ,格安SIM
自宅がサービスエリア内なので試しに使ってみようと思ったのです。

開封

いい感じの蒼です。


開けると早速機器が出てきました。
私がレンタルしたのは、WiFiゲートウェイにUSBタイプのものを挿す事ができる”UG01OK UD01OK(セット)|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+”です。


左側が家で使う時に利用するWiFiゲートウェイで、右側が普通のUSBタイプのWiMAX端末です。


家で使う時にはこのようにUSBタイプのものをWiFiゲートウェイに挿して使うことになります。


その下には説明書と説明書PDFが入ったCDが入っていました。


さらにその下には電源ケーブル

早速使ってみました

使い方はWiFiゲートウェイにUSBタイプのWiMAX端末を挿して、WiFiゲートウェイ電源ケーブルを挿してコンセントに挿すと接続し始めます。
暫くするとUSBタイプのWiMAXのランプが青く点滅するので、これで接続完了。


後は普通にWiFi対応でバイスからWiFiゲートウェイを見つけて接続すれば、WiMAXを利用することができます。
すごく簡単です♪

注意!最初はWEPになっています!

WiMAXゲートウェイの初期設定は、ほぼ全てのWiFi対応機器で対応しているWEP方式を利用して接続されるようになっているのですが、最近ではWEP方式の暗号キーを解読するのに要する時間はたった数秒、解読ソフトなども出回っているという大変危険な状態ですので、暗号化方式を必ず変更してください。


変更はブラウザからWiMAXゲートウェイの管理画面にアクセスして行うことができるので楽です☆
変更方法については説明書に分かりやすく記載されていますので、そちらをご覧ください。
こちらのページでも詳しく解説してくださっています。
【レビュー】固定回線必要なし!? - UQの「WiMAX-Wi-Fiゲートウェイセット」を試す (2) 「WiMAX-Wi-Fiゲートウェイセット」をセットアップ | マイナビニュース


こんな感じで、「WPA2-PSK(AES)」に変更します(WPA-PSKの解読も数分程度で可能という報告が最近出ましたので、WPA2-PSK対応デバイスをお持ちなら、より強度の高いWPA2-PSKを利用することをおすすめします

あと、「SSIDのステルス化」にもチェックを入れておくと、より安全です。


これで設定を反映すると自動的に再起動されるのですが、WEP方式でWiFiゲートウェイと接続したデバイスがあるとそのままWEP方式で接続されてしまう感じでしたので、暗号化方式変更後は、一度デバイスの設定からWiFiゲートウェイを消した上で再認証させるようにした方がいいかもしれません。

使用感

私の自宅は対応エリアだったようでかなり快適です♪
スピードテストの結果も平均で8Mbps程出ます。
イーモバイルの場合は7.2M対応だったとしても出て1Mbpsくらいですからね。
出る時は11Mbpsとか行くのですが、たまに1.5Mbpsになったり、結構ふらふらしてますw
でも、ネットを利用してる感じでは回線速度は非常に安定しているように感じます。


MacBookiPhoneWILLCOM D4工人舎PM1を接続してみましたが、以前フレッツ光回線にWiFiアクセスポイントを挿してそこへ接続した時と同じように利用することができていい感じです♪
これならもし引っ越したとしても、引っ越し先がWiMAX対応エリアであれば、引き続きすぐネットを利用できます☆
外出時はWiFiゲートウェイ(UG01OK)からUSBタイプの機器(UD01OK)を外して、それをPC等に挿すとUD01OKがCD-ROMとして認識されてそこからドライバをインストールできるようになっているので、UD01OKだけ持ち歩けばするWiMAXを利用できるというのもいいですね。
外出時の利用感についてもレビューを書く予定です。

機器を置いている場所

利用デバイスを置いてるデスクから約5m位離れている冷蔵庫の上(^^;
間にあるドアも閉めているという条件で快適な速度が出るのは凄いように思えます。
何故そこに置いているのかというと、デスクの上に置くと猫の毛が付いたり猫たちが線を噛みちぎったり機器を落としてしまう恐れがあるので(〜〜;


無償貸与は15日間でレンタル用端末はあくまでレンタル用でそのまま購入することはできないようなので、今のうちに製品版を申し込んでおこうかなと思ってます。
念のためサポートセンターに電話して聞いてみたところ、この認識で合ってたようです。
レンタル端末の返却日が2009年11月16日で、今申し込んでおけば来週末には受け取れて都合がいいと思い、早速正式に申し込みました。

広告を非表示にする