消されたボリュームアイコンを復活させる AliveVolumeIcon Ver1.00

Advanced/W-ZERO3[es]WILLCOM03でスタートバーから消されたボリュームアイコンを復活させるためのアプリです。


※このアプリはWILLCOM03Advanced/W-ZERO3[es]専用です。

作ったきっかけ

アドエスWILLCOM03では、スタートバーのボリュームアイコン部分に入力モードアイコンやキーロックアイコンが表示されるようになっているため、ボリュームアイコンは表示されていません。
本体に音量調整キーが付いていればそれでも問題は無いのですが、両デバイスとも音量調整キーは存在していないため、音量を変えるのに手間が掛かります。。
調べてみると、ボリュームアイコンの上に入力モードアイコンやキーロックアイコンが被さっているということが分かったので、それらのアイコンを非表示にすればボリュームアイコンが復活するのでは?と思ったのがきっかけです。
ボリュームアイコンが表示できれば、いつでもタップで音量調整できて便利ですしね☆


★AliveVolumeIcon ver1.00★ 【2009年08月10日公開

バージョンアップ履歴

1.00 公開(2009.08.10)


最新版ダウンロード

サイズは約11KBです。

バイスから直接ダウンロードされる方は、AliveVolumeIcon.zipをDL後に解凍してください。

最新ソースをダウンロード

使い方

インストール後すると「\Windows\スタートアップ」の中にAliveVolumeIconのショートカットが置かれて、再起動後に自動的に常駐するようになっています。
常駐して利用しない場合はそのファイルを削除してください。
常駐しない場合は「スタート」→「プログラム」→「AliveVolumeIcon」を起動させることでしばらくの間だけ、ボリュームアイコンを表示させることができます。


スタートアップに置かれたファイルのプロパティをご覧いただくと分かるのですが、-autoというオプションを付けたショートカットを作って実行させることで常駐して利用することができます。

ボリュームアイコンを常時表示させた場合に弊害

まず、入力モードアイコンがスタートバーに表示されなくなるため、縦画面時の入力モード状態が把握しにくくなります(横画面時には画面下のメニューバー中央のアイコンで確認可能)
もうひとつは、本体のボタンでのマナーモードに変えても、ボリュームアイコンの表示は変わらないため、マナーモード状態が把握しにくくなります。
ただ、マナーモード設定時にボリュームアイコンから音量オンまたはオフに変えようとすると、このようなメッセージが表示されてマナーモードが優先されるようになっているようです。


以上のことから、常駐して利用するよりも、キーやランチャー等にAliveVolumeIconを割り当てておて、音量を変えたい時にちょこっとボリュームアイコンを表示するという使い方が弊害も少なく済みます。