おサイフケータイについて

BAUMを手に入れて初めておサイフケータイの便利さを知ったのですが、おサイフケータイというサービス自体はいつ頃から存在していたのか気になったので調べてみました。


おサイフケータイ - Wikipedia
これによると、2004年6月16日にドコモからiモードFeliCaが発表されているので、5年以上も前から存在していたのですね。
対応サービス一覧を見ると、2004年7月10日にドコモがEdyに対応したのが初のようです。
一覧のサービス全てにおいてどこもが先行しているあたりさすがという感じがしました。
ついでauソフトバンクがその年〜翌年に掛けて対応しているのが分かります。
モバイルSuicaは2006年からありましたか〜。
ウィルコムはというと、今年出たBAUMがウィルコム初のおサイフケータイになるので、どのサービスも対応したのは今年で、まだ対応サービスも少ないですね(^^;
PHSおサイフケータイに対応するのは大変なことだったのでしょうか。。

おサイフケータイの形

おサイフケータイ対応で遅れをとったウィルコムですが、おサイフケータイ対応携帯の形としてはBAUMのようなストレート型はアリかなと使って感じてます。
かざす時にFelicaでない部分を握ったままかざせるので、Felica部が裏側なのでかざす際に勢い余って携帯をぶつけて液晶画面に傷をつけてしまう心配はありません(BAUMと同じく裏側をかざす仕様であればその心配はありませんけどね^^;)


何にせよおサイフケータイに対応したことでウィルコムPHSがまた少し普通の携帯電話に近づいたということは間違いありませんね☆

広告を非表示にする