同僚がiPhone3GSをゲットしてました

昨日、同僚がiPhoneを見せてきたので「なんだろ?脱獄でもした?」と思ったのですが、そこには「コンパス」アプリが!?
なんとiPhone3GSに機種変更してました(驚
なんでも、家族回線の契約をすべくソフトバンクショップに行った時に待っている間ついうっかりiPhone3GSに触れてしまったのがまずかったようで、その速さに魅了されてそのまま機種変更に至ったそうです。

iPhone3GとiPhone3GS

お客『何が変わったの?』
ビック店員『速くなりました!』
お客『ふ〜ん』


ユーザーにとっては資源の使い回しができるのでデザイン変わらずというのは嬉しいですが、営業にとってはiPhone3GとiPhone3GSの違いは「速いだけ」なので、新規顧客を掴むための強い訴求力は弱いデバイスんんだろうな〜とビックでのお客と店員のやり取りから感じました。
iPhone3Gを持っている人や一度でもiPhone3Gを触ったことのある人ならあのiPhone3GSの異様なまでの処理速度の速さに一撃で度肝を抜かれますが、iPhone3Gの存在だけ知っていて一度も触ったことが無い人にとっては、iPhone3Gという比較対象が無いため、iPhone3GSを見ても「結構速いのね」程度にしか感じられないでしょうからね(^^;
なので、新規顧客を得るための戦術としては新機種はデザインも変えた方が訴求力は高いかもしれませんね。

広告を非表示にする