iPhone OS 3.0について

夏に出てきますが、

  • アプリ内での決済
  • Bluetoothによるペアリング不要のP2P接続
  • アプリへのプッシュ通知
  • マップのアプリ内利用
  • 周辺機器との通信、制御
  • iPhoneiPod touch内の音楽ライブラリーアクセス
  • カット、コピー、ペースト機能
  • Spotlight(端末内検索機能)
  • MMSのサポート
  • BluetoothA2DPサポート
  • 多くの標準アプリでランドスケープモード対応
  • カレンダーのCalDAV対応
  • メモのiTunesシンクロ

新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」はコピペ、プッシュ通知、Spotlightなどサポート - ITmedia Mobile

のうち、初代iPhoneでアップデートしても使えないのは、MMSのサポート(MMSを利用して写真やvCard形式の連絡先、音楽ファイル、自分の現在いる場所などを送ることも可能になる)と、BluetoothA2DPサポートの2つのみのようです。
A2DPアダプタを挿して音楽を聴いてる人にとっては新型iPhoneの方が惹かれるでしょうけど、新型iPhoneは形的には今のiPhoneと同じで、カメラの質が良くなったり、Bluetoothがサポートされる感じのようで、小サイズのiPhone nanoとかそういうのは出てこなさそうなのですよね。


Bluetoothヘッドホンで音楽を聴くのは以前WindowsMobileデバイスでもやっていたんですけど、有線イヤホンに比べて音質が落ちるということと、定期的にヘッドホンを充電しなくてはいけない面倒さから、最近は使っていません。
何が言いたいかというと、別に新型iPhoneを待つ必要は無くなったかなと思ったのです(^^;