WILLCOM D4を使ってUSBメモリからKNOPPIXを起動

USBメモリからブートできるLinuxはいくつかあるので、緊急時用に持っている方も多いと思います。
いつも持ち歩いてるWILLCOM D4にはminiUSBソケットが付いているので、これを利用してLinuxを起動できたら便利かもと思って調べてみたところ、WILLCOM D4でもUSBメモリからLinuxをブートできることが分かったので早速試してみました。

結論からいうと

  • サクサク動く
  • Xはポインティングデバイスで普通に利用可能
  • 画面解像度は800x600
  • タッチパネルは相対的に位置がズレているため実用は難しい
  • カーソルキーもキーボード入力も問題なし
  • 日本語入力はCTRL+SPACEキーで切り替え可能
  • KNOPPIX起動中は輝度が最高輝度の状態で変更不可
  • ハードディスクはhda1として認識(hda2、hda3はおそらくリカバリー領域)
  • Bluetoothは使えるらしい(調べてもKNOPPIXでのBluetooth認識方法不明だったため未確認^^;)
  • W-SIM無線LANは認識しない
  • USBハブを介してUSB有線LANアダプタを挿せば、有線LANは利用可能


とこんな感じです。
ハードディスクが認識するので、いざという時のデータサルベージ用には使えますし、有線LANは利用できるのでネット巡回やネットワークのメンテナンス等にも使えます☆
なので、サーバーとしてももちろん使えますね。


以下、その方法です。

必要なもの

準備

USBブート用Linux作成は、WILLCOM D4で行っても、その他のWindowsPCで行ってもどちらでも構いません。

  1. こちらのページからknoppix_v5.3.1CD_20080326-20080520-AC.isoをダウンロード(700MB)したら、適当なフォルダ(今回はC:¥iso)。
  2. こちらのページからsyslinux-3.55.zipをダウンロード、解凍したら、¥win32フォルダの中のsyslinux.exeを操作しやすいフォルダ(今回はC:¥)に移動。
  3. こちらのページから、MagicISOをダウンロードしてインストール。

作成開始

  1. MagicISOをインストールしたら、右下タスクトレイ上のMagicISOアイコンを右クリックし、「Virtual CD/DVD ROM」→「No Media」→「Mount」で先ほどKNOPPIXのisoファイルを置いたフォルダからisoファイルを指定して、マウントします。
  2. マウントしたドライブを参照して、]¥Knoppixをフォルダごと、USBメモリにコピー。
  3. ¥boot\isolinuxフォルダの中を全てUSBメモリのルートにコピー。
  4. USBのルート上にコピーしたisolinux.cfgsyslinux.cfgにリネーム。
  5. コマンドプロンプトを起動(Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を表示したら、cmdと打つと起動できます)
  6. 先ほどsyslinux.exeを置いたフォルダへ移動 → cd C:¥
  7. このコマンド実行(USBメモリを挿したドライブがFの場合) → C:\syslinux -a F:


以上で、USBブート可能なKNOPPIXの作成完了です。

実際に起動してみる

WILLCOM D4miniUSB−USBホストケーブルを挿して、先ほど使ったUSBメモリを挿します。
私はmicroSDカードに作成し、microSDカードリーダーに挿したもの利用しました。


挿したらWILLCOM D4を起動して暫くするとKNOPPIXの起動画面が表示されます。


もし普通にVistaが起動してしまった場合は、一度再起動して「F2」キーでBIOSメニューを表示したら、「Boot」メニューで「USB HDD」の順番を一番上に設定します。
これでKNOPPIXが起動するはずです。


途中で以下のように聞いてきて処理が止まりますが、スペースキーで続けてしまってOKです。
「Press <ENTER> to see video modes available, <SPACE> to continue, or wait 30 sec」


そして暫くするとKNOPPIXが起動完了します。

起動、終了時間

  • 電源を入れてからKNOPPIXの起動が完了するまで:126秒
  • KNOPPIXをログアウトしてから、電源オフできるようになるまで:23秒

と起動速度はあまり速くありません^^;
(参考:Vistaの起動が完了するまで:110秒

有線LANを使う場合

有線LANを使う場合にはUSBホストアダプターにさらにUSBハブを挿す必要があります。
便利そうなので先日買ったものを使ってみました☆


USBハブに先ほどのmicroSDカードを挿したUSBカードリーダーを挿して、もう1ポートには有線LANアダプタを挿します。
有線LANアダプターは以前買ったものを利用しました。

BUFFALO LUA-KTX(USB接続Key型LANアダプタ)

BUFFALO LUA-KTX(USB接続Key型LANアダプタ)


有線LANアダプタにはLANハブに挿した有線LANケーブルを挿しておきます。
というわけでこんな感じ。

起動&設定

WILLCOM D4の電源を入れてKNOPPIXを起動します。
メニューの「KNOPPIX」→「Network/Internet Configuration」を選択し、


「netcardconfig LAN(router) setup」を選択します。


するとこのようなメッセージが表示されるので、DHCPサーバーが動いている場合は「Yes」を選択するとねlっつおワーク設定を自動取得してくれます。
DHCPサーバーが動いてない場合は「No」を選択して手動で設定します。


これでKNOPPIXからネットを利用することができるようになります☆

広告を非表示にする