高速化について

ujipさんのところ経由でVohedgeさんがWILLCOM D4Vista)の高速化について書かれた記事をまとめてくださっていたので、参考にさせていただきながら私も設定してみました。
2008-12-10 - Vohedge Blog


Vistaマシンで最初に以下の設定をしています。

UACの無効化

プログラムを実行しようとした時に表示させる確認メッセージを表示する機能で、セキュリティ度は上がりますが、これが原因でインストールできないアプリなどもあるので、私は切ってます。
「コントロールパネル」→「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」→「ユーザーアカウント」→「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」→「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」のチェックを外して再起動

Windowsファイアウォールの無効化

Vista標準のセキュリティ対策ソフトですね。
私はKingston Internet Security無料版(無料版はごくたまに広告が右下に出てきて少しうざいのですが(無料版なので文句はいえない)、でも軽くていいですよ☆)を利用していますし、他の対策ソフトと併用すると重くなりそうなので。
「コントロールパネル」→「セキュリティ」→「セキュリティセンター」→「Windowsファイアウォールの有効化または無効化」→「無効」にチェック

Windows Defenderの無効化

同理由により無効にしてます。
「コントロールパネル」→「セキュリティ」→「Windows Defender」→「無効」にチェック

スタートメニュー表示改善

「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「タスクバーと[スタート]メニュー」→「[スタート]メニュー」の「カスタマイズ」→「大きいアイコンを使用する」のチェックを外す
これで、スタートメニューを開いた時に最初に表示させる「最近使ったプログラム」の表示が大きいアイコンから小さいアイコンに変わるため、表示速度が向上します。
あと、「新しくインストールされたプログラムを強調表示する」のチェックを外すと、「すべてのプログラム」をの表示速度もUPします。

ujipさんの軽量化対策

サービスをガンガン無効にしている方もいらしたのですが、下手に重要なサービスを無効にしてしまうとシステムが不安定になることもあるので、ここはujipさんの軽量化対策のみ行いました。
2008-09-13 - 氏家備忘録/非実用日記群

  • Windows Searchサービスの停止
  • 内蔵HDDのインデックス属性の無効化
  • HDDキャッシュの強化
  • I/Oバッファサイズを変更

あと、同エントリーでSuperfetchについて書かれてあったのですが、この機能知りませんでした(^^;
で調べてみると、どうも起動アプリを監視してよく利用されているアプリを先にメモリにロードしておくことで起動速度の向上を行うサービスのようです。
私の中で「Vistaは使っているうちにだんだんもっさり感が増してくる」と実感しているのですが、もしかしたらこのサービスが原因なのでは。。とか思いました(^^;
メモリの多いマシンではこのサービスは有効かもしれませんが、メモリが少ないマシンで勝手にメモリにロードされてしまうと、その分メモリが無駄遣いされてしまう可能性がありますし。。


そんな風に思ったのでメモリ1GBなWILLCOM D4ではこのサービスを無効にして様子を見たいと思います。
「スタート」→「コンピュータ」右クリック>管理→Superfetchで停止し、無効化
Superfetchは有効のままの方が早い気がします(^^;


で、再起動してみたところ、全体的に動作が少し軽くなったように思えます♪
ujipさんの軽量化対策は少ないメモリのVistaマシンには効果ありそうです☆
会社のVistaマシンにも適用してみよっと♪

広告を非表示にする