WindowsMobile端末のバックライトを調整 ChgBrightness Ver1.00

W-ZERO3シリーズ以外のWindowsMobile端末でバックライトを調整するためのアプリです。

作ったきっかけ

先日、”こちらのエントリー”でTreo ProでPQzIIとYCBackLightやchgblightを使ってボリュームキーでバックライトを調整する手順について書いた時に、充電中の時だけしかバックライトを調整できないことに気付き、調べてみたことろ、W-ZERO3シリーズとその他のWindowsMobile端末ではバックライト情報を格納しているレジストリキーが異なることが分かったので、作ってみました。
あと、似たようなアプリがあるかもしれませんが、自分で作っておけば、後々いろいろと改良できますしね☆


★ChgBrightness ver1.00★ 【2008年10月29日公開

バージョンアップ履歴

1.00 公開(2008.10.29)


最新版ダウンロード

サイズは全て9KBです。
当アプリは、現状ではW-ZERO3シリーズ以外のWindowsMobile端末用です。(便利そうだったらW-ZERO3シリーズにも対応予定)

バイスから直接ダウンロードされる方は、ChgBrightness.zipをDL後に解凍してください。

最新ソースをダウンロード

使い方

当アプリはウィンドウを持たないため、キー割り当てアプリ等で割り当ててお使いください。

オプション

ChgBrightnessのショートカット作成の際の書式は以下の通りです。
※何も付けずに起動した場合は、バージョンが表示されます。


ChgBrightness.exe バックライトUP/DOWN 上限輝度 輝度調整幅

例1)ChgBrightness.exe up 10 1
  「実行する度にバックライトを10目盛りまで1目盛りづつUP」
例2)ChgBrightness.exe down 6 2
  「実行する度にバックライトを6目盛りまで2目盛りづつDOWN」
例3)ChgBrightness.exe up 10
  「実行する度にバックライトを10目盛りまで1目盛りづつUP」
例4)ChgBrightness.exe down
  「実行する度にバックライトを10目盛りまで1目盛りづつDOWN」

上記のように上限輝度と輝度調整幅を省略した場合は、上限輝度=10、輝度調整幅=1となります。
上限輝度は「Start」→「Settings」→「System」→「Backlight」のバックライトの目盛りの数です。

「上限輝度」というオプションがある理由

WindowsMobile端末によって、上限輝度が異なるようなので^^;

他の端末は持っていないので分かりませんが、この2つの端末で異なるということは他でも異なる場合があるかもしれないので、設定できた方が便利かな?と思いまして。

W-ZERO3シリーズだけレジストリが異なる

バックライト調整用レジストリは、
W-ZERO3シリーズ

通常時
HKEY_CURRENT_USER\ControlPanel\BackLight\BatteryBrightness

充電時
HKEY_CURRENT_USER\ControlPanel\BackLight\Brightness

その他のWM端末

通常時
HKEY_CURRENT_USER\ControlPanel\BackLight\BrightNess

充電時
HKEY_CURRENT_USER\ControlPanel\BackLight\ACBrightNess

という感じでレジストリが異なるようです。
で、何故W-ZERO3シリーズでは独自にレジストリを持たせるようにしたのか不思議に思ったのですが、W-ZERO3シリーズで設定可能な上限輝度を超えた値を指定してみたところ、最大輝度を保ったままだったのですが、他のWM端末で同指定をしたところ、バックライトが切れた状態になりました。
W-ZERO3シリーズではこのような状態になるのを防ぐために独自にレジストリを持たせるようにしているのかもしれませんね。
ただ、BackLightChangeEventイベントを発行して設定を反映させるところは同じみたいです☆

広告を非表示にする