Treo Proを起動してみました。

バイルデバイスを買って必ずやるのは、充電してない状態で起動してみて、バッテリーが残ったら「ラッキー」と喜ぶことです(笑)
で、Treo Proを起動してみたら起動しました♪


最初の画面。。綺麗♪


次の画面。”palm”の文字がアニメーションして表示されます☆


その次の画面はお馴染みですね。


で、タップ位置調整画面が出てその次の画面。
eXpansys UKで買っただけあって、デフォルトはロンドンになってました。


設定が終わってToday画面かなと思ったらこんな画面。何インストールしてるんですかね?


フォッフォッフォッ素材として使えそうですけど、この画像w


バッテリーはなんと90%位残ってました!


「スタート」→「プログラム」
何かあるかなと見てみたら、「Java」と「Get WorldMate」というのがありました。
デフォルトでJava入ってるんですね☆

QuickTour起動

Treoには「QuickTour」というチュートリアルアプリが入っていて、Treo proの場合はその入り口がToday画面にありました。
起動するとこんな感じでメニューが表示されます。


ここでこんな感じにTreo Proの使い方を見ることができます。


各項目を見終わるとこのようにチェックが付きます。


Option+終話キーでもキーロックが掛けられたんですね(知りませんでした^^;


全部見終わって不要になったら、一番下の「Remove QuickTour」を選択して、


Yesを押すとToday画面からは消えるのですが、


また見たくなった時は「スタート」→「My Treo」を起動して、


「Support」タブからQuickTourを起動できます☆
初めてTreoを使う人は是非ご覧下さい☆


ちなみに「Setup」タブはこんな感じ。
Centroには「My Centro」というメニューがあったのでそれのTreo版という感じがします。

タスクマネージャー

Today画面で右上をタップするとこのようにタスクマネージャーが開いて、アプリを終了したりできます。

キーロック

Treo750vと同じく
終話キーでキーロック&スタンバイが出来ます。


スタンバイ時には噂のスクリーンセーバーの時計表示♪

充電

ぽけげさんの”ポケットシンクデュアル microUSB”を使って、最初「チャージ専用」の端子を刺してみたのですが、バッテリーランプが付かなかったので、「シンク&チャージ」の方を刺してみたらランプが付きました♪

ActiveSync

それと同時にこんな表示が。
でも、PCのActiveSyncで認識されず。。


こういう場合は「拡張ネットワークの設定」だ!と「Start」→「Settings」→「Connections」タブ→「USB to PC」を開いてみると、変更不可にorz


ただ、書かれてあるように「Start」→「Settings」→「System」→「PC Setup」を起動して、「Set up my PC」となっているのを「Synchronize」に変更したところ、ActiveSync接続できました♪


ただ、まだ日本語化してないので、同期しても化け化けですw

バイス名

これは変わらず、「Start」→「Settings」→「About」→「Device ID」タブから変更できます。
最初は「Treo」になってたので「TreoPro」に変えておきました☆

広告を非表示にする