読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Treo Proが届きました!開封レビュー

昨日、Treo Proが届きました!
実は昨日の朝、動物病院から帰ってきた時に郵便受けを見たら、なんと昨日の夕方頃にDHLさんが届けにきてくれたみたいなので、早速TEL!
土曜日は午前中のみ、日曜日・祝日は休みということで急いで、TELしたら午前中に届けにきてくれることになり、TELした数十分後にはもう届きました!

開封!

DHLの袋の小ささでも驚きましたけど、まさかこんなに箱が小さいとは。。想像以上の小ささ!


いろいろな物と仮比較w


しんちゃんと比較。。しんちゃんでかい(笑)


箱の裏はちゃんとTreo Proの裏になってました☆


箱はこのような薄い半透明のプラバンケースに入っています。
しんちゃんは残念ながら入れなかったようです。


ぱかっ


ご対面♪


一番上にTreo Pro、その下に噂の”端の折れた”スタットアップガイド等が入っていました。


そのさらに下はこんな感じ。
この入れ方考案した人凄い。。


付属品。
microUSBケーブル、イヤホン、ACアダプタ2個とそれを刺すアダプタ(USBソケット付)
日本未対応なので、もちろん日本用のACアダプタは付いてません。

閑話休題(ぉ

Treo Proに貼ってあった薄い透明シートで遊んでみました(笑)

いよいよ本体です


この薄さはテンション上がります♪♪


その薄さは50円玉9枚相当。


。。バルタンですねぇw


底面。
microUSBソケット。
イヤホンジャックは3.5mmの標準サイズなので、普段使ってるイヤホン等がすぐ挿せます♪
Treo750vは2.5mmっで変換アダプタが必要だったので、3.5mmになったのは嬉しいです☆
で、マイク。


上部。
電源ボタンとボリュームスイッチ。ボリュームスイッチは便利なので、健在で嬉しいです。


右側面。
Wifiスイッチと赤外線授受部。
無線LANもボリュームみたくスイッチになればいいのにと以前から感じていたので、それが現実のものとなるとは♪


右側面下。
スタイラスホール。右下にあるため、左手で持って使ってる時に取り出しやすいです♪


ちなみにスタイラスはこんなに短いです。(右:Treo Pro、左:Treo750v
画面が小さいため、スタイラスでないと押せない時がどうしてもあるので、短くなってもスタイラスを本体に付けてくれたことはほんと感謝してます*><*
個人的にストラップ付けてスタイラスぶらぶらさせるのは、ポケットから取り出す時に邪魔ぶなるので好きじゃないんですよね(^^;


左側面。
ボリューム調整ボタン、サイドキー。
ボタンがどんどん排除されつつあるスマートフォン界で、これらのボタンも健在というのが素晴らしいです!
アプリを割り当てられるかは分かりませんが、ボタンは多いに越したことないですからね♪


裏面。
スピーカーとカメラレンズ。

Treo750vと違って全面プラスチックなため、指紋を気にする人には厳しいかも(^^;


。。。フォッフォッフォッ。


裏ふたを開けてみました。
開け方は同封のセッティングガイドに乗ってました☆


CentroやTreo500に比べると開けやすかったです♪


ちょうどスタイラスホールがある部分にリセットボタンがあるので、リセットする時は裏ふた開けて、スタイラス取り出してリセット。。少し面倒に感じることがあるかもですね(^^;


その右側にはストラップ用ひもが引っかけられそうな部分が。


そして、microSDカードスロット(汗
Centroは裏ふたのカバーを外して閉じれば、スタイラスでつついてmicroSDカードを出し入れできたんですけど、Tre Proの裏ふたにはカバーが無いので、出し入れする時は裏ふたを外す必要があります。
これも後々気になってくる点でしょう(^^;


バッテリーも薄いですね〜


50円玉3個相当の薄さです。

比較してみる

まずはTreo5兄弟。
左から、Treo301(元はbutuyokumaniaさんの)、Treo750vTreo500、Centro、Treo Pro


大きさはTreo750vと同じです。


でも、薄さはTreoシリーズ最薄なTreo500よりも薄い!


雰囲気はCentroに近いですが、Centroのキーボードはゴム、Treo Proのキーボードはプラスチックなので、Treo Proの方が押しやすいです。


W-ZERO3兄弟とも比べてみましたw


レビュー用に敷いたセーター、しんちゃん気に入ったようですw



TreoかわいいよかわいいよTreo

広告を非表示にする