読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推測変換候補の表示も速い!ATOK for WindowsMobile

WILLCOM03には「ケータイShoin」というIMEが搭載されていて、推測変換の速度も普通の携帯並に速いので、先日発売されたATOK for WindowsMobileを買う必要はないかな〜と思っていたのですが、”こちらのエントリー”で自作アプリの検証をするために購入してWILLCOM03に入れてみたところ、W-ZERO3[es]Advanced/W-ZERO3[es]に最初から搭載されているATOKのもっさり感はなく、推測変換候補の表示も速くて驚きました!


価格/購入|日本語入力システム ATOK for Windows Mobile


私は以前Treo750vのためにダウンロード購入した”ATOK for PocketPC”があって、そのシリアルナンバーとオンライン登録キーを使ってユーザー登録できたので、AAA優待版のダウンロード製品を購入しました。
ダウンロード版は購入処理が完了するとダウンロード用のURLが記載されたメールが送られてくるので、そこからダウンロードします。
(ダウンロードするまえにユーザーログインする必要があります。)

ダウンロード回数は10回まで

こちらのページに書かれているように10回までダウンロード可能のようです。
1回ダウンロードしたらもうダウンロードできないとなると、ダウンロードしたファイルを無くしてしまったりした場合のことを考えて不安になるので、10回までOKなのは嬉しいですね♪
お買い物について - Just MyShop -

インストール

ダウンロードした実行ファイルを実行するとインストール用CABファイルが出てくるので、それをWILLCOM03に置いてインストールすればOKです。
インストール容量は5.5MB位です。


インストールが完了すると再起動を促されます。

使い方

再起動すればもうATOKが利用可能な状態です。
CTRL+U、I、O、Pのショートカットもちゃんと効きます☆
ケータイShoin並に推測変換候補の表示も速くて驚きました♪

WILLCOM03で使う際の問題点と解決策

WILLCOM03ATOK for WindowsMobileを入れると、横画面でキーボードを出した状態の時は「半/全角」キーを押すことで半角/全角を切り替えられるのですが、縦画面でテンキー入力の場合には、文字種が数字モード固定になってしまうため、数字しか入力できなくなってしまいます。
ただ、工夫をすれば入力できないことはありません☆


ATOK for WindowsMobileを入れると、縦画面の状態でイルミネーションキーがテンキーモードになっている時は必ず入力モードが数字入力モードになってしまうようなので、カーソルキーモードに切り替えます。


その後に画面下の_Aと書かれている部分をタップしてソフトウェアキーボードを表示したら、左上の「かな」をタップします。


これでソフトウェアキーボード上でかな入力ができるようになりました☆


ただ、さすがに標準のソフトウェアキーボードでは小さすぎてスタイラスでないと入力しにくいので(^^;、gesture10keyなどの大きめのソフトウェアキーボードを入れて使うと便利です♪

gesture10key
gesture10keyはiPhoneのようなフリック入力を可能としてくれるソフトウェアキーボードです。

広告を非表示にする