読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REDFLYに繋いでみました。 -Treo500編-

REDFLY Treo500 レビュー

REDFLYにWindowsMobile6 StandardであるTreo500を繋いでみました。


※”こちらのエントリー”を参考に予めTreo500にドライバをインストールしておいてください。


REDFLYを起動させたら、Treo500をUSBケーブルでREDFLYに挿します。
するとこのようなメッセージが表示されて、


Treo500が横画面になった後に(面白いですねw)



Treo500の画面がREDFLY表示されます。。赤いw


説明書を見てみたら、Standard Editionの場合、デフォルトではREDFLYのテーマが表示されるようになってるそうです。

なかなか格好いいですよね、これはこれで。


スタートメニューを開くと、全部表示させました(凄


USB接続後、REDFLYに画面が表示された後にUSBケーブルを抜いてTreo500に画面が戻ってくる一連の流れを撮ってみました。
雰囲気が伝わりやすいと思います。

Bluetooth経由で接続

Bluetooth経由でREDFLYに接続するためには、以下の手順が必要になります。
この方法はモバチキさんのページで知りました。
PDA Try&Error:■RedFlyの接続設定


まずUSBケーブルでREDFLYに接続した後、「Start」→「REDFLY Settings」を開きます。
この設定はREDFLYに接続中でないと表示されません


するとREDFLYの設定画面が表示されます。



ここで「Authorize」をタップすると、下の「Authorized REDFRY Devices」に追加されて、Treo500からBluetooth経由で接続できるようになります。
設定し終えたら右ソフトキーの「Apply」を押して左ソフトキーの「Exit」を押して閉じます。


ケーブルを抜いてTreo500Bluetoothをオンにしたら、REDFLYのキーボードで「Fn」+「F12」キーを押すと、このようなメッセージが表示されます(表示されるのはActiveSync接続した時に表示されるのと同じデバイス名なので、人それぞれ異なります


接続したいデバイスを選択して「Connect」を押すと、USBケーブルで繋いだ時と同じようにREDFLYTreo500の画面が表示されます。
ケーブルレスで使えるのは便利ですね♪

QVGAのWM6 Standard Editionを繋ぐメリット

320×240の画面を800×480に引き伸ばして、大きなフルキーボードで利用できるのはもちろんですが、タップできないWM6 Stdandard Editionのデバイスが、REDFLYに繋ぐことで普通にマウス操作可能になるので、操作性UPします♪
REDFLYって画面タップはできないのですね(今気付いた

広告を非表示にする