Palmのセキュリティ機能

機能そのものについてはMA-CYさんから、設定方法を記載したページはd346prtさんから教えていただいたのですが、Palmのセキュリティ機能を使えば、プライベートなデータだけパスワード保護できるようです♪
早速試してみました。

設定方法

恍惚のほし ★: ★基本機能としてのpalmのセキュリティ
こちらでryo-nさんが詳しく解説して下さっています。
上記ページを参考にCentroを見てみると、「Security」というアプリが存在してました。


これを開くとデフォルトではこんな感じ。


Password」をタップしてパスワードを設定しておきます。
パスワードを忘れちゃいそうな人は「Hint」も入力しておいてください。
一度パスワード設定をすると、この設定を変更する際にもパスワードが必要になりますので、自分が忘れないようなものを設定してください。


Auto Lock Device」はWindowsMobileやiPhone/iPod touchにもあるような、電源オフしたら起動時にパスワード入力させる等の設定です。

  • Never

  パスワードロックしない

  • On power off

  電源オフしたらパスワードロック

  • At a preset time

  指定した時刻を過ぎたらパスワードロック

  • After a preset delay

  指定した時間後にパスワードロック


Current Privacy」がそのプライベートデータに関する設定なのですが、デフォルトでは「Show Records」(レコードを表示)になっています。
この他に以下の選択肢があります。

  • Mask Records

  プライベートデータをマスクして表示

  • Hide Records

  プライベートデータを非表示

利用方法

「Current Privacy」で「Mask Records」にしたとします。
プライベート設定の存在するアプリ、最初から入っているものだと「Contacts」「Calendar」「Tasks」などでデータ登録時に「Private」にチェックを入れます。


するとその項目がこのように網目でマスクされて表示されます。

↑これ、「コンタクトレンズ取替え」なのでマスクする程のものでもないですけどね(笑)


どうでもいいようなものはマスクしないで、人に見られたくないようなプライベートな情報はこの方法でマスクしておけば、セキュリティ上安心できますね♪


ちなみに先ほどの設定で「Current Privacy」を「Hide Records」にすると、登録したプライベートデータそのものが見えなくなってしまって、これだと自分も忘れてしまいそうなのでおすすめはしません(^^;
人に貸す時とかにはいいかもしれませんけどね。


この仕組み、他のモバイルOSでも取り入れてくれたら嬉しいんですけどね〜
Palmバイスの利用価値がUPした感じです☆

広告を非表示にする