Vistal Studioで作った場合とEVC++で作った場合の容量の違い

先日公開したVfOpChanger、実は最初はVisual Studio 2005で作成していたのですが、たいしたことをしてないにも関わらずコンパイル後のアプリ容量が30KBにもなったんです。
で、同ソースをeMbedded Visual C++4.0でコンパイルしたところ、10KB程度に。
今まで作ってきたアプリのほどんとが10KB程度に収まっていたので、30KBは嫌だな〜と思ってそのままEVC++で作って公開したのですが、この容量の違いって何なんでしょう?
Visual Studioの方がコンパイル時に含めるライブラリとかが多いのかな。。

広告を非表示にする