設定済みの接続設定(Open/VFJP)、NetFrontの設定を切り替え VfOpChanger v1.02

Treo等でOpen接続とVFJP接続のネットワーク設定を両方した方は、使いたいネットワークによって設定を切り替える必要があって面倒で、その設定切り替えを行うアプリです。


※Open、VFJPと聞いて判る方のみご利用くださいm(__)m

★VfOpChanger ver1.02★ 【2008年12月15日VerUP

バージョンアップ履歴


1.02(2008.12.15)

  • 接続名称を設定ファイルで指定できるように。


改良点について詳しくは”VfOpChanger V1.02について”をご覧ください。
1.01(2008.12.10)

  • NetFront3.3に対応。
  • プロセスリストが取得できない状態の時にNetFrontを設定するかどうかの確認メッセージを表示。
  • NetFrontの「ホーム」のアドレスを設定ファイルで指定可能できるように。

改良点について詳しくは”VfOpChanger V1.01について”をご覧ください。
1.00 公開(2008.6.8)


最新版ダウンロード


サイズは16KBです。
バイスから直接ダウンロードされる方は、VfOpChanger.zipをDL後に解凍して下さい。

最新ソースをダウンロード

このアプリを利用する前の注意点

このアプリは、ネットワーク設定済みの方でないとご利用いただけません。

特にネットワーク設定名にはご注意下さい。

  • Open接続用 → SoftBank
  • VFJP接続用 → VFJP WAP(スペースは半角)

Ver1.02からはVfOpChanger.iniでそれぞれの接続名称を指定可能になりました☆
設定ファイルがデフォルトのままの方は一度削除していただいた後でVfJpChangerを起動すると、以下のようなファイルが生成されますので、

VfjpURL=http://ptl/menu/
OpenURL=http://www.google.com/
VfjpName=VFJP WAP
OpenName=SoftBank

この中のVfjpNameOpenNameを自分で接続設定した名称に変えてください。
VfjpURL、OpenURLがカスタマイズ済なので消したくないという方は、お手数ですが、上記の形式で新たに追記してくださいm(__)m


ただ、上記設定が存在しない場合はエラーを出して何もせず終了するような処理を入れてありますので、無駄にレジストリが書き換えられてしまうということはありませんので、ご安心下さい。
また、今後対応予定ですが、現状ではNetFront v3.5 コンセプト版のみに対応しております。
【追記】Ver1.01でNetFrontv3.3にも対応しました。

使い方

VfOpChangerを素のまま起動する度に、ネットワーク設定を切り替えます。
NetFrontを使ってないでネットワーク設定の切り替えのみ行いたい方用ですね。
その他、以下のオプションを付けることが可能ですので、ショートカットを作ってご利用下さい。

  • -h

  利用できるオプションに関する簡易ヘルプを表示

  • -disp

  切り替える前に設定状態を表示

  • -nf33

  NetFront v3.3のユーザーエージェント及びプロキシ設定を切り替え(予めVFJP用ユーザーエージェントを設定しておく必要があります)

  • -nf35

  NetFront v3.5 コンセプト版のユーザーエージェント及びプロキシ設定を切り替え(予めVFJP用ユーザーエージェントを設定しておく必要があります)

  • -nodisp

  設定切り替え時に一切メッセージ時を表示しません。(ExecMulti等他のアプリと連携する時用)

  • -open

  Open接続設定に切り替え

  • -vfjp

  VFJP接続設定に切り替え

  • -chghome

  NetFrontのHOMEページも切り替える(現状ではNetFront v3.5 コンセプト版のみ)


-nf35というオプションを用意しているのは、今後のVerUPでNetFront v3.4用オプション(-nf34)や、v3.3用オプション(-nf33)を追加する可能性があるためです。

また、VfOpChangerをインストールしていただくと、¥Program Files¥VfOpChangerの下にVFOpChanger本体の他に以下のショートカットファイルが置かれます。
これらは、オプションの使用例サンプルで、実際にご利用いただけます。

  • Help_VfOpChanger(-hオプション利用)

  簡易ヘルプを表示

  • Vfjp_VfOpChanger(-disp -vfjp -nf35 -chghomeオプション利用)

  VFJP設定に切り替えた後、NetFrontのプロキシ設定等を切り替え、さらにHOMEページを「http://ptl/menu/」(Yahoo!ケータイTOP)に書き換え。

  • Open_VfOpChanger(-disp -open -nf35 -chghomeオプション利用)

  Open設定に切り替えた後、NetFrontのプロキシ設定等を切り替え、さらにHOMEページを「http://www.google.com/」に書き換え。
ショートカットファイルの中身はテキストになっていますので、テキストエディタで開いてオプションを書き換えてご利用いただいても構いません。

設定ファイルについて

Ver1.01からは、設定ファイルによりNetFrontの「ホーム」を自由に指定できるようになりました。
初回起動時に設定ファイルが無かった場合には、VfOpChanger.iniというファイルが生成されて、
中身は以下のようになっていますので、URL部分を自分用に書き換えて下さい。

VfjpURL=http://ptl/menu/
OpenURL=http://www.google.com/
VfjpName=VFJP WAP
OpenName=SoftBank

エラーメッセージについて

VfOpChangerでは以下の状態の時にはその旨をエラーメッセージ表示して終了します。

  • 該当レジストリが見つからなかった
  • 現在、ネットに接続中
  • -nf35オプションを付けた場合に、NetFront起動中