Vistaで「紙copi Lite」を動かす方法

Windows2000の頃から愛用している「紙copi Lite」というアプリがあります。
このアプリは右側に常駐して、そのアイコンをワンクリックするとすぐメモ画面を表示出来て、何か書くと同時に自動的に保存してくれて、また、保存したいWebページの範囲を選択した状態でドラッグして、右端に表示される紙copi Liteのウィンドウの中にドロップすることで、その部分のhtmlだけを保存できるので、ちょっとした覚書用に使っていました。
そのアプリを先日Vistaにも入れたのですが、インストールが完了しても起動はしてくれませんでした。。
開発元サイトを見てみると、上位アプリであるシェアウェアの「紙copi」は対応しているようですが、フリー版の紙copi Liteは既に開発終了してました。。
そこで調べたところ、Vistaにこのアプリを入れる方法を書かれたページが見つかりましたので、早速試してみました。


Vistaで紙copi – Dream Seed
こちらのページでその方法について書いて下さっています。

インストーラ起動

まず、こちらのページから「紙copi Lite」のセットアップファイルををダウンロードして起動したら、以下のインストールフォルダの指定のところまで進めて下さい。

セットアップファイル探し

そしたら、インストーラは起動させたままで、以下のフォルダにアクセスして、その中から「Disk1」「Disk2」というフォルダが存在するフォルダを見つけ出します。

C:\Users\(自分のユーザ名)\AppData\Local\Temp\○○○

○○○は毎回変わります。
見つかったら「Disk1」と「Disk2」のフォルダを適当な場所にコピーしたら、先ほど起動させたままのインストーラを「キャンセル」で終了させて下さい。

再セットアップ

コピーした「Disk1」フォルダの中にある「Setup.exe」というファイルを見つけます。


右クリック→「プロパティ」→「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて、「Windows XP」を選択します。


右クリック→「管理者として実行」からSetup.exeを実行して、後は最後までインストーラを進めて下さい。
これで、紙copi Liteが正常に起動します☆
画像は幣ブログのタイトル部分を選択して紙copi Liteにクリップしたものです。
こんな感じでWebページのまま取り込めるのが便利なのです〜

今までずっと愛用していたものがVistaでも動くようになると嬉しいものです♪

広告を非表示にする