読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初から入っているアプリなど

Palm Centro アプリ レビュー

CentroのOSバージョン、最初から入っているアプリ(フォーマットした状態で利用出来る)をご紹介します。
ちなみに、CentroのPalm OSバージョンはv.5.2Hとなっていました。

今までバージョン4のm515、バージョン3.5のTreo301をいじったことはあるのですが、バージョン5をいじるのは初めてなので嬉しいです♪
というわけでもしかしたらこれからご紹介するアプリはバージョン5のPalmならみんな入っているものかもしれませんので、既存Palmユーザーの方には面白みの無いエントリーですけどね(^^;
SIMカードは挿してないので、SIMカードを利用するアプリについては上手く紹介出来て無い部分もありますので、予めご了承下さい。
38枚程画像がありますのでご注意下さいm(__)m

まず、この画面で見えている12個のアプリ。

My Centro

  • Home

  ユーザー登録やシステムアップデートを行える

  • Support

  ユーザーガイド、Q&Aを見たりできる

  • Bonus

  ボーナスソフトウェアを貰うことができる
但し、ユーザー登録やシステムアップデートを行ったり、ボーナスソフトウェアを貰うにはネットワークに接続していないと出来ません(残念

Quick Tour


これは750vにもありました。このように使い方を画像やアニメーション付きで分かりやすく説明してくれますので、初めてモバイルデバイスを使われるという方は是非ご覧になってみて下さい☆

Bluetooth


Bletoothのオン/オフを行えます。

Calc


電卓です。数字や算術記号はフルキーボードからでも入力出来ました(「=」イコールはリターンキー)通常電卓の画面で右キーを押すと関数電卓モードになるようです。

右キーを押す度に上2段の関数モードが「Trig」→「Finance」→「Logic」→「Statistics」→「Weight/Tmp」→「Length」→「Area」→「Volume」→「Math」→Trig...とトグルしていきます。画面が小さいですがこれだけ様々な関数が利用出来るので、かなり高機能ですよね☆

Calendar


WindowsMobileでいう「予定表」ですね。WindowsMobile界の予定表に革新を起こした「Offisnail Date」、あのアプリはOffisnailさんが”Palmの予定表の使いやすさをWindowsMobileでも実現させたい”という思いから生まれたアプリですし、「WindowsMobileのものよりも使いやすい」という評判も聞きます。

Camcorder


カメラが動画モードで起動します。利用可能な設定はこんな感じです。

Camera


カメラが写真モードで起動します。2倍ズームまで。利用可能な設定はこんな感じです。

Card Info


microSDカードが入っている時にカード情報を確認でき、設定メニューからカードのフォーマットやカード名の書き換えを行えます。

Contacts


WindowsMobileでいう「連絡先」です。最初はこの2つが登録されていました。この画面で左右キーを押すとダイヤル画面など電話に関する画面を切り替えることが出来ますが、SIMカードを挿していない人には特に気にする必要はありません。

Documents


これが噂のPalmMicrosoft系の文書を読み書きすることが出来るという「Documents To Go」ですね!気にはなっていたのですが、通常はシェアウェアで結構お高く(4千円位)、Palmの利用用途も決まってなくて試せてませんでした(^^;
最初から使えるというは嬉しいですね♪画面綺麗〜☆
ちなみに初回起動時にこのような確認画面が表示されます。

ということはこれらの形式は利用出来るということですよね(喜


ちなみにバージョンは、

10.000(334)でした。

Email


ネットワーク接続環境もないので適当にGmailのアドレスを設定して無理やり起動させてますが^^;、メーラーのようです。

GoogleMaps

最初からGoogleMapsが入っているんですね(驚
こちらはさすがにネットワーク接続無しでは起動させられませんでしたので画像無し(^^;

次の画面で見えている12個のアプリ。

HotSync


Palmではお馴染みの画面ですね。付属CDからPCにPalm Desktopをインストールした後に付属のUSBケーブルを使ってPalmとPCを接続することができて、アプリのインストールや同期を行えます。

Memos


WindowsMobileでいう「メモ」ですね。書き始めの1行目が一覧時にタイトルとして表示されるようです。

Messaging


おそらくショートメッセージサービス用のメーラーです。

Phone


初回起動又はフォーマット後最初に表示される電話画面ですね。

Pics&Videos


WindowsMobileでいう「画像とビデオ」ですね。保存されている画像やビデオを管理したり、ここからカメラも起動できます。最初は4枚サンプル画像が入っていました。

Prefs


本体のさまざまな設定を行えます。

pTunes


ミュージックプレーヤーですね。最初に2つサンプル曲が入っているので再生してみたら、異様に音質高くでビックリしましたw
pTunesのサイトを見ると普通購入した場合は$37.95するのでお得ですね☆

Security


パスワード付きロックに関する設定が行えます。

SIM Book


おそらく、SIMカードに保存されている連絡先等を管理するもの。

SIM Srvcs


おそらく、SIMカードに関する設定をするもの?

Sounds


サウンドに関する設定を行えます。

Tasks


WindowsMobileでいう「仕事」ですね。自分のタスク管理。

残りの4個のアプリ。

Voice Memo


ボイスメモですね。

VoiceDial


ボイスダイヤルです。登録してある連絡先などにボイスコマンドを使って電話を掛けたりすることができるようです。

Web


ブラウザーですね。SIMカードを挿してないので実際表示させた画面はご紹介出来ませんが(^^;

World Clock


世界時計です。同時に3つまでの現在の日時、昼か夜かを確認出来ます。
また、アラームも設定出来るようです。


という感じで、PDAとして使う際に利用するであろう一通りのアプリは入っていると言っていいと思います☆

広告を非表示にする