読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片手操作に特化したスタック(RPN)電卓 ◆calcr◆

氏家備忘録/非実用日記群:calcr
ujipさんが自分で使いやすいようにと作られたアプリなのですが、スタック電卓を使いたいと思っている方、興味のある方にはおすすめの軽量アプリです☆

スタック(RPN)電卓を使うメリットとは?

スタック電卓RPN(英語:Reverse Polish Notation = 逆ポーランド記法)電卓とも呼ばれています。
例えば、普通の電卓以下の計算を計算順()を意識せずに左から右へ計算してみると、答えは13になってしまいますが、これは実際は間違いですよね。


(1 + 2) x (3 + 4) = 13 ← 間違い


スタック電卓の計算方法を記述する際には逆ポーランド記法というものを使うのですが、それを使って先ほどの計算を逆ポーランド記法に直した後にスタック電卓で計算をしてみると、


(1 + 2) x (3 + 4) = 1 2 + 3 4 + x = 21 ← 合ってる


と正しい答えを出すことが出来ます。初めて見る方は頭にハテナが浮かぶと思います(^^;
でも、「1+2x3+4」を頭で計算する場合を考えてみると分かりやすいと思います。
「×」「÷」の場合は「+」「−」よりも計算の優先順位が高いということを学校で習ったので、「1に2を足して、3に4を足したものを掛ける」という風に頭の中で計算しますよね。


逆ポーランド記法を使うと計算式からカッコ()を外すことが出来て、その式をスタック電卓で順番通りに計算していくと、先ほど頭の中で行ったように優先順位を付けて計算を行うことが出来るというメリットがあります。
。。と偉そうなこと言ってる私も、学業中にデジタル技術検定という資格を取るために勉強した位だったりするんですけどね^^;

既にWindowsMobileでも動かせるスタック電卓もありますが

実はWindowsMobileで動くスタック電卓もあるにはありますが、WindowsMobile以前のOS(PocketPC 2003以前)の時に作られたものが多く、QVGA版で画面が小さかったり片手で操作出来なかったり不便な点も多く、また、多機能過ぎてとっつきにくかったりもします^^;
Free42とかRayRPNとかPower48とか。
数字は数字キーで入力することが出来るものもありますが、ujipさんの仰る通り四則演算等含めて計算の全てを数字キーだけで行えるスタック電卓はないようです。
でも、calcrはスタック計算だけに特化しているため、画面もすっきりしていて分かりやすいです♪

インストール

インストーラは付いていないので、上記ページ内のcalcr.zipからダウンロードしたcalcr.zipを解凍したら、calcr.exeを本体の適当な場所に置いて実行します。
置いた場所でショートカットを作成し、”¥Windows¥スタートメニュー¥プログラム”フォルダの中にそのショートカットを置くことで、「スタート」→「プログラム」→「calcr」から起動させることも可能です。

起動

起動すると以下のような画面が表示されます。

主な操作方法は画面に書かれているので分かると思います。
このcalcで先ほどの「(1+2)x(3+4)」を計算する場合は、以下の手順で操作していきます。

  • 「1」を押した後にアクションキーを押す
  • 「2」を押した後にアクションキーを押す
  • 「方向キー上(+)」を押す
  • 「3」を押した後にアクションキーを押す
  • 「4」を押した後にアクションキーを押す
  • 「方向キー↑(+)」を押す
  • 「方向キー←(x)」を押す

この操作を行うと、

21という正しい計算結果を得ることが出来ました♪


逆ポーランド記法に直すまでに慣れは必要ですが、慣れてしまうと普通の電卓を使うよりもスタック電卓を使った法が効率良く計算を行うことが出来るようになるはずですので、「ちょっと便利そう♪面白そう♪」と少しでも感じた方は、気軽に試してみてはいかがでしょうか☆

嬉しいことに

このcalcrは私が以前自作したぽけ電卓公開したソースを参考に作られたとのことです。
正直ぽけ電卓だけは”思いつき先行型”で作ったアプリでいろいろとVerUPもしていたためソースがかなりごちゃごちゃしていたので、ソース公開するかどうか最後まで悩んだのですが(汗、こうやってそのソースを参考に新たなアプリを作ってくださる方がいると「公開して良かった」と思えます(^^*
また、calcrのソースを公開して下さっているのは嬉しいですね♪
私のぽけ電卓のソースよりも遥かに整理されていましたので(私も「あ、こういう風に整理出来るのか〜と勉強させてもらいましたm(__)m」)、アプリ制作に興味がある方はご参考にしてみて下さい☆

広告を非表示にする